スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| このブログのTOPへ | スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
平野透/Twitter:ツイッター 2011年3月01日〜07日 ファッション&デザイン:ツイートアーカイブ



いつの時も「オレンジとグリーン」は、

なぜ早く見飽きてしまうのかと、よく考える。

恐らくオレンジは太陽、グリーンは樹木、

日常のなかで頻繁に目視するカラーであり、

潜在意識の「塗像色」だからなのだと思う。

つまりは人間の脳が『色を見飽きる=鮮度がない』と感知するのは、

そういう事なのだと思う

posted at 21:16:11




ファッショントレンドカラーとしてのオレンジとグリーンは、

グレーという色を見飽きた頃に浮上し、

いつの時代もすぐに飽きてしまうカラーで短命なのですが、

オレンジやグリーンが、カラートレンドとして浮上する時はいつも、

次のトレンドカラー『彩度』が大きく変わる予兆的なキーカラーです。

posted at 19:54:42




今春夏のレディースで最も新鮮な「グリーン系」のカラートーンですが、

東京の街ではまだグリーン系を上手くとりいれ着こなした女性は少ない。

posted at 18:32:57




まだロイヤルブルー系のカラーレンジを見飽きていない女性が、

次に新鮮に思えるカラーの「オレンジ、イエロー系」は、

もう少し暖かくなってからマスゾーンへと広がるカラーレンジだと思います。

posted at 12:34:50




今春夏ファッションのキーカラー「オレンジ系」のトーンを

上手にとりいれた着こなしをする女性を街で見うけられるようになりました。

posted at 12:24:08



白い服や黒い服だけを着ていると

「次ぎは、どんな服が欲しくなるのか?」を客観視でき、

ニュートラルな気分でいられる。これは明らかに職業病である。 #fashion

posted at 18:43:58



冬は黒い服ばかりだが、夏になるとトップスはホワイトしか着なくなる。

シーズンごとに同じデザインの白のカットソーの服をまとめて何枚も買い、

毎日、同じデザインの白のトップスを着る。

だから会う人によっては、いつも白の同じ服を着ていると思われているフシもある。 #fashion

posted at 17:28:29



黒という色は人によってはネガティブなイメージにとらえる色ですが、

黒い服が常に視界に入っていると「集中できる」と思います。

ぼくのワードローブも、ほとんど黒です。

最近は黒にビビッドカラーを、ほんの少し(5%ぐらい)加えたい気分もあります。

posted at 13:21:04




メンズでやっと「ロイヤルブルー系」を

着こなす服好きな若い男性を街でみかけるようになりました。

レディースとの時間差は約3年。 #fashion

posted at 12:45:03



「変わっていく事を楽しむこともファッション」と捉えた場合の

『色に対する鮮度』と、個々でファッション(身につけるもの)とは別に

『いつの時も好きな色』というのがあると思います。

前者は集合的無意識。後者は個々の脳の違いが関与していると思います。

posted at 10:51:27




メンズジャケットにおける「ゴージライン」は

着る人の顔の表情を一変させる効果がある。

ゴージが高いジャケットは顔の印象が強調され、

ゴージ位置が低ければ顔の印象が弱くなる。

前者は70年代。後者は80年代の代表的なデザイン現象。

時代背景とファッションは関連性がある証。

posted at 22:12:41




メンズジャケットの「ゴージライン(位置)」は、

増々、低くなりつつある。

数年前まで肩線近くまで上部にあったゴージのジャケットは非常に古臭い。

ゴージラインと切れ込みの形状とラペル幅などのデザインバランスは、

ジャケットのサイズ的なボリューム感が左右する。

posted at 12:08:19



最近、やや太りぎみのヨウジさん。

先日のニューヨークコレクション「Y-3」の時。

 http://twitpic.com/45uebb

posted at 11:15:01




三島由紀夫の「若きサムライのために」を読了。

三島由紀夫は小説よりもエッセイの方がおもしろい。

読む度に、なぜ三島由紀夫の文章はパラドクスな文脈の変幻自在であり、

シュルレアリズム的な視点で世の中を視ていたのかが、不可解で興味深い。

posted at 21:57:16



朝のシャワーの後に必ず体重を計る。

この行為と適度な運動で20年間も体重をキープできているから不思議だ。

意識する事で無意識も作動する。

恐らく無意識に脳がカロリー摂取調整をしているのだと思う。

計画化したカロリー制限よりも効果的。

人の脳機能は複雑さと単純さの両極が混在していると実感する

posted at 19:07:09




高齢化社会の中で最近つくづく思うのは、

女性は何歳になってもオシャレが好きだ。7

0歳をこえた女性でもファッショントレンドを無意識に取り入れている人が実に多い。

特にカラーと素材感。

特別ファッションの事など意識していなくても自然体で察知している。

やはり女性は「右脳的」という証になる。

posted at 11:19:00



「早起き会」と名乗る女性が勧誘に来た。

団体名を聞いた時点で即刻お断りしたが

「早起き会」という妙な団体名が気になったので調べてみた。

すると主張していることは、男尊女卑の倫理で、

会員数250万の自民党の有力組織だった。団体名の付け方が下手である。

posted at 11:10:25



əɔᴉɟɟo ɓuᴉlʎɻs ouɐɹᴉɥ ☚ ☛ http://bit.ly/c8Qf5h

posted at 11:04:58



消えたので再投函。

ダミアンハースト展が2012年に英国テートモダンで開催されるようです。

日本でも開催してほしいけど、

日本ではコムデギャルソンの川久保さんが絶賛ですが、

日本の美術業界では浦島太郎。多くの日本人に理解されないアートです。

  http://bloom.bg/eSjgKK

posted at 20:48:30



ダミアンハーストの作品は、世間の賛否両論はあろうが、

観た瞬間に「異次元」へと攫われる。

そういう非現実的な世界へ誘導する力がアートだと思う。

つまり批判のないアートはつまらない。

例えば当時、批判の洪水だったゴッホの作品を今さら、

両手を広げて鑑賞していても真のアートではないと常々思う。

posted at 20:16:04




Twitterをやっていると長文を書くのが面倒になる。

だから仕事で強制的に長文を書くようにしている。

そして長文を書く感覚を思い出したころにTwitterでは140字の制限があるので、

また短い文章に慣れてしまう。

結果、再び長文がめんどうになる。以下ループ ☛

posted at 09:16:25




JUGEMテーマ:アート・デザインJUGEMテーマ:ファッション仕事中なう

posted at 04:16:57




| このブログのTOPへ | TOHRU HIRANO | 17:35 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| このブログのTOPへ | スポンサードリンク | 17:35 | - | - |
Trackback

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

 











This Site Search

Entry

Category

Profile

Web Site


Archives

 










Sponsored Links

Feed

Others

CONTACT US


TOHRU HIRANO DESIGN OFFICE

Mobile

qrcode
  (C)2018 TOHRU HIRANO DESIGN OFFICE